表紙へ戻る

つくり方へ戻る

先頭へ戻る

基礎

全面に敷き詰めた防湿シートの上に、
耐圧盤・立ち上がりともにすべてD13の太さで
鉄筋を組みます(通常は主筋のみD13を用い、
他はD10でも配筋検査は合格できます)。
配筋検査後にベースコンクリートを打設、養生後、
立ち上がり型枠を組み所定の位置にアンカーボルト、
ホールダウンボルトを設置しコンクリートを流し込みます。
ベース厚さ、基礎巾ともに150mm。
一般的には玄関の土間下地は後工事扱いとなりますが、
基礎工事時にコンクリートを打ち
基礎と一体化させ不動沈下を防ぎます。
また、基礎内側入隅部は型枠を工夫し
丈夫な形状に成型しています。



 
基礎 土台 柱と込栓 梁・桁 松油 屋根 樹脂窓  収納 建具

 天井 左官壁 網代天井 台所 浴室 洗面室 トイレ 照明器具 家具