表紙へ戻る

つくり方へ戻る

先頭へ戻る


 
基礎 土台 柱と込栓 梁・桁 松油 屋根 樹脂窓  収納 建具

 天井 左官壁 網代天井 台所 浴室 洗面室 トイレ 照明器具 家具



土台

基礎立ち上がり天端高さを90cm間隔で測定し、
高さに調整した基礎パッキン(基礎コンクリートと
土台材に空気層をつくる材)を設置して土台を据え付けます。
この段階でミリ単位の高さ調整をすることで、
ここから立ち上がる骨組みがすべて水平になります。
土台材には天然乾燥の4寸角桧材。
土台用に挽いた特赤の桧材(断面積に対する芯材(赤身)割合が
9割以上の材)です。一定の含水率になるまで天然乾燥させた木材は、
耐久性や防虫性に優れた必要な成分を残し、
安定した木材の形状を保ちます。もちろん芯持ち材
(年輪の中心がある)であるため放射状に割れが生じますが
強度的にはなんら問題はなく木材の性質上当然のことです。